等速直線運動が,「同じ速さで直線上を動く運動」であるのに対して,等加速度直線
運動は,「同じ加速度の大きさで直線上を動く運動」です.

上図のように,車が等加速度直線運動をしている場合を考えます.等加速度ですから
速度の時間に対する割合が一定になり,この割合,つまり加速度が 「v−t グラフ」の
直線の傾きとなります.直線ですから,数学で習ったように,y切片(今は v切片)と傾
きa(今はたまたま加速度の記号aと同じ)がわかれば直線の式が作れます.それが,

v = v0+a                   ・・・・・・(1)

となり,この式が等加速度直線運動の公式第1号です.また,黄緑の面積を求めると
直線運動での移動距離となります.なぜなら,移動距離=速さ(縦軸) x 時間(横軸)
だからです.つまり,台形の面積を求める公式から,

s =(v0+v)(1/2)
  =(v
0+v0+at)(1/2)    [(1)より]
  = v
0t+(1/2) 2         ・・・・・・(2)

これが,第2号の公式です.また,(1)と(2)より,次の第3号の式が得られます.

2−v02 = 2             ・・・・・・(3)


この3つの式は,等加速度直線運動の公式と呼ばれ,よく使われる式です.

1.5 等加速度直線運動